So-net無料ブログ作成
検索選択
前の15件 | -

家づくりのその後。 [家づくりについて]

ご案内が遅れましたが
木津潤平建築設計事務所のホームページに
新しく
家づくりのその後。
というページが加わっています。
住宅設計のご依頼をお考えのみなさまへの
ご案内の内容です。

ホーム画面の一番下までスクロールすると
一番下に横長のバナーがあります。

スクリーンショット 2016-12-06 12.16.54.png

家づくりのその後の暮らしについてイメージしていただけるよう
これまで設計したお客様の家をお訪ねし 
撮影とインタビューにご協力いただいて作成しました。

三角テラスのある家
CAFE HOUSE
原稿用紙のような家
縁側と茶の間のある家

ほかにもこんなページがあります。

木津潤平が考える家づくり
設計事務所ってなにをしてくれるの?

ぜひご覧になってみてください。
nice!(0)  トラックバック(0) 

「SURPRISING JAPAN」展(香港)出展 [設計事務所の日常]

明日 11月29日より12月4日まで
香港で催される「SURPRISING JAPAN」展(USAGI ギャラリー)
に出展します。

香港SURPROSING JAPAN.jpg

出展はイッセイミヤケ、隈研吾氏など日本からの13組です。
私は、共同主宰するデザインユニット
ファイ・フレーム(PHIFRAME)として
FLAMMEFLAMMEチェアーを出展します。

独立したての10年前のプロジェクトが
こうして再び取り上げていただけることを嬉しく、そして感慨深く思います。
お近くにおいでの際は、とはなかなかいきませんね。
香港にお知り合いの方がいらしたらぜひお出かけください。

FLAMMEチェアーは
鵠沼海岸の事務所OiDenでも使用しております。

寒川にあるオーダー家具のお店
collabore
にて注文生産しております。
タグ:FLaMme
nice!(1)  トラックバック(0) 

カフェハウスnokkaにて撮影 [9坪×2のカフェ・ハウス]

茅ヶ崎のカフェハウスnokkaで
雑誌の撮影にお邪魔しています。

14963270_1141298219293640_7846272265115493610_n.jpg

設計した頃の事をオーナーさんご夫婦とお話ししながら
初めて家の設計を手掛けた頃の初心に帰ることが出来ました。
このブログでも
カフェハウスの記事はたくさん掲載しています。

ご夫婦の温かでオープンなお人柄がそのまま形になった様な建物で
撮影も笑い声の溢れる素敵なひと時でした。
撮影に快くご協力いただいたオーナーさんに感謝です。

作品写真はこちら

nice!(1)  トラックバック(0) 

KUNDE発売再開 [木の玩具プロジェクト]

「日本のお家」がちゃんと作れる
組み木のおもちゃ。
KUNDE(クンデ)
が販売を再開しました!

kunde_03.jpg


生産と販売体制を見直し、万全を期しての再開です。

日本のモノづくりの粋が詰まった
木造工法のカッコよさ
柱が組上がって家の形が立ち上がる瞬間のワクワク感を
小さな子ども達に知って欲しいと
小規模ながらも大きな志を持った仲間達で開発した
とても思い入れのあるプロダクトです。

ご興味のある方はぜひ
KUNDEのページをご覧になってみてください。

nice!(0)  トラックバック(0) 

オープンハウスのお知らせ [SOLA HOUSE]

オープンハウスのお知らせ

DSC_0861.jpg

空とともに暮らすパッシブソーラーハウス
SOLA HOUSE
のオープンハウスを行います。

2016年11月23日(祝)
11時 - 15 時

完全予約制で1組ずつ設計者がご説明をしながら
ご見学いただきます。

ご希望の方は
contact@kiz-architect.com
まで
件名 オープンハウス希望
本文 お名前(よみがな)、参加人数、希望時間帯、メールアドレス、当日連絡のつく電話番号
を書いて
メールにてご連絡ください。

お待ちしております。


nice!(1)  トラックバック(0) 

カフェのようにくつろげる薬局 [カフェのようにくつろげる薬局]

「カフェのようにくつろげるげる」薬局をデザインしてほしい
というオーナー様のご要望を受けて
設計した薬局が
本日竣工お引き渡しでした。

DSC_0572web.jpg

工事中から注目度は抜群で
道行く人が「何のお店ですか?」と訪ねておられました。
近所の小学生が、「いつオープンするの?遊びに来よう!」
と目を輝かせていました。
病気の時はもちろん、病気にならないために
普段から気軽に出入りできる空間を目指してデザインしています。
まずはその手応えを感じられてホッとしています。

お引き渡しを待ちかねたスタッフの皆さんが、
総出でお引っ越しの作業に取り掛かっています。
設計者の勝手な欲目かもしれませんが、
皆さんがとても楽しそうに作業されている様子を拝見して
とても嬉しくなりました。
nice!(0)  トラックバック(0) 

『原稿用紙の家』が「住む」に掲載されました [マンションフルリフォーム]

9月21日発売の雑誌「住む」に
マンション1室をフルリフォームした
『原稿用紙の家』が掲載されました。
MSQ_sumu01.jpg

オーナー様の素敵な暮らしぶりが伝わってくる写真がいっぱいです。
MSQ_sumu02.jpg

設計の打ち合わせ時にフェイスブック上でやりとりしたテキストも載っています。
ちょっと照れ臭い気もしますが、家づくりの楽しさが伝わると良いなと思います。
MSQ_sumu03.jpg

よろしければ是非、本屋さんで手にとってご覧下さい。
nice!(0)  トラックバック(0) 

『マハーバーラタ』 奈良・平城宮公演 [舞台空間デザイン]

世界に一つしかない舞台が太古の都に降り立ちます。

2014年のアヴィニヨン演劇祭で、大好評を博した
『マハーバーラタ・ナラ王の冒険』が奈良・平城宮の遺跡にて復活上演いたします。
maha02.jpg

アヴィニヨンの石切場に包み込まれる様にデザインされたリング型の野外劇場を
平城宮第二次大極殿跡地に再建し、
観客席がぐるりとステージに取りかこまれる
演劇空間が再び姿を現します。


石切場の崖の代わりに舞台の背景となるのは
悠久の時が流れる、太古の都の風景。

heijou.jpg


古の都びとも、毎日仰ぎ見ていたことでしょう。
会場予定地選定の際、その候補には無かったこの地に足を踏み入れた瞬間、
「ここしかない!」という確信を感じました。

正面奥に三笠山を望み、そのふもとには正倉院。
インドの神話が、古代日本に流れ着いていたら、、、
という着想で作られたこの舞台に、
これ以上相応しい上演の地はないかもしれません。

日本国内での公演はしばらく予定しておりませんので
足をお運び頂く価値はあると思います。

公演情報
9月9日(金)~12日(月) 全て18:30開演

チケットお申込みなど、詳しい情報はこちらをご覧ください。
http://culturecity-nara.com/event_info/spac/

nice!(0)  トラックバック(0) 

OiDenまつりご来場ありがとうございました [OiDen]

8月20日(土) 
鵠沼海岸の設計事務所
年に1回のオープンオフィス
OiDenまつり2016 では
たくさんの方にご来場いただきまして
ありがとうございました。

IMG_2477.jpg

親子ワークショップ
「ひみつ基地模型を作ろう!」
では
こどもたちが平面図や立面図から考えて
模型を作り
最後に壁紙などをはりました。

IMG_2486.JPG

1時間半の予定でしたが
みんな熱中してくれて
2時間20分経ち
声をかけて
ようやく終了。

IMG_2484.JPG

IMG_2485.JPG

我が子のセンスに
大人がびっくりしたり
ワイワイ楽しい時間を過ごしました。

模型を眺めにご来場くださった方々とは
久しぶりにゆっくりお話しできたり
新しい出会いもたくさんありました。
ありがとうございました。
nice!(0)  トラックバック(0) 

渡辺篤史の建もの探訪8月20日放映 [地域活動]

明日20日(土)朝5時
渡辺篤史の建もの探訪」で
水平線を望む三角テラスのある家
が放映されます。

IMG_2466.JPG

湘南の高台にある
素晴らしい眺望のお家です。

よろしければ
ぜひ録画してご覧ください。

写真は来週の予告画面です。

関東以外の方は
BS再放送予定が決まりましたら
またお知らせします。

OiDen2016.png


明日のオープンオフィスでは
もちろん
この住宅の模型や写真も
ご覧いただけます。

お子さんが模型をじーっと見つめる姿も
オープンオフィスならではの
心和む光景です。

明日2時からの親子向けワークショップ
ひみつ基地模型を作ろう! は
おかげさまで
定員に達したため、募集締め切りとなりました。

http://kiz-architect.blog.so-net.ne.jp/2016-08-08-1
nice!(1)  トラックバック(0) 

オープンオフィス OiDenまつり2016のお知らせ [OiDen]

設計事務所のオープンオフィス OiDenまつり2016のお知らせ

OiDen2016.png


日時 8月20日(土) 11時-17時
場所 木津潤平建築設計事務所内  OiDen Studio にて。
(鵠沼海岸駅徒歩1分)

模型や写真の展示
「渡辺篤史の建もの探訪」に登場する「三角テラスのある家」や「アトリエハウス 星形切妻のある家」を始め、住宅の模型もずらりと展示


親子で楽しめるワークショップ
秘密基地模型をつくろう
建築学科の大学生や建築士と一緒に
自分だけの
秘密基地模型をつくろう!

WS1.JPG


作った模型は持ち帰ることができます。

[定員] 5組の親子

[対象]
模型を作りたい 5歳ー中学生までの親子
小学校四年以下のお子様は、必ず保護者同伴でご参加ください。

[申し込み方法]
前日の10時までに
contact@kiz-architect.comへ
メールにてお申し込みください。

メール件名は「ワークショップ参加」とし
本文に
1.名前(よみがな) 2. 学年 3.学校名(幼稚園名)
4.同伴者の名前と年齢 5.当日連絡がつく電話番号 6.メールアドレス
を書いて送ってください。

当日は空席があれば参加できますが
予約優先とさせていただきます。

[材料費]
500円

[持ち物]
帰りに模型を入れる袋 (7‐8センチ四方の立方形)
鉛筆と消しゴム。
模型に使いたいものがあれば
レゴ人形やミニカー消しゴム
好きな模様の折り紙や布など自由にお持ちください。



アイスキャンディー
鎌倉の大人気アイスキャンディー 屋さん
イグル氷菓のアイスキャンディー
ありますよ。


[お問い合わせ]
木津潤平建築設計事務所
0466-47-8781(平日10-18)
contact@kiz-architect.com


nice!(0)  トラックバック(0) 

カフェハウスnokkaにて撮影 [9坪×2のカフェ・ハウス]

茅ヶ崎の カフェハウスnokka にお邪魔して、撮影中。

13892288_1061342623955867_5963864410575200074_n.jpg

竣工して5年。

庭の緑が育つのに合わせて
建て主様がこのカフェハウスで
素敵な時間を重ねられているのが感じられ
とても嬉しく、設計者にとって何よりの喜びです。
nice!(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:住宅

海辺のコーポラティブハウス・情報解禁! [コーポラティブハウス]

茅ヶ崎サザンビーチが目の前という絶好のロケーションで、
全7戸のコーポラティブハウスのプロジェクトが
いよいよ募集開始となりました。
aloha002.jpg

コーポラティブハウスとは、
オーナー様を先に募集してから
それぞれのご要望に合わせて、
各住戸のプランの設計を行います。

全ての住戸がメゾネット(2階建て)以上となっており、
しかも、コンクリートで出来た躯体(スケルトン)に対し、
住戸部分(インフィル)は床も外壁も含めて耐火木造とすることで
窓の位置や大きさも自由に決めることが出来る、
ハイブリッド構造となっています。
コンクリートでできたキューブ状の「土地」に
木造の「一軒家」を建てるようなイメージです。
aloha001.jpg

7月31日(日)にネクトン藤沢で発表会、
そして
8月6日(土)には現地説明会を開催します。
お越しいただいた方には、現地特等席より、
茅ヶ崎花火大会(6日開催)をご覧いただける特典つきです!
発表会の詳細はこちらをご覧ください
http://shonanstyle.com/cooperativehouse/aloha-coop-007/blog#blog_id11153

nice!(0)  トラックバック(0) 

「原稿用紙のような家」雑誌掲載 [マンションフルリフォーム]

マンションの一室丸ごとをリフォームした
「原稿用紙の様な家」
6月24日発売の「UOMO」8月号 に掲載されました。

UOMO紙面.jpg


お施主様のライフスタイルを映しこむ事で
初めて完成する空間です。
とにかく素敵な暮らしぶりなので、設計者としては嬉しい限りです。

「原稿用紙のような家」のパネルは
新宿オゾンにて開催中の
「丸ごとリフォーム展」でも展示されております。
http://www.ozone.co.jp/event_seminar/event/detail/68

nice!(0)  トラックバック(0) 

パリ公演終了

舞台デザインを手掛けたパリの
ケ・ブランリー美術館内 
クロード・レヴィ=ストロース劇場での
"Lievre blanc d'Inaba et des Navajo" (邦題 イナバとナバホの白兎)
千秋楽を無事に見届けることができました。

パリ本番写真.jpg

一席も余すことなく埋め尽くされた観客席からは、上演が終わる前から手拍子が湧き上がり、
最後はスタンディングオベーションでした。
劇場スタッフによると、
目の肥えたパリの観客がこれ程熱狂的に拍手をしてくださる事はなかなか無いそうです。

終演後には二度目の観劇をして下さったレヴィ=ストロース夫人とお話しする機会がありました。
氏の著作から本当に大きなインスピレーションを貰って舞台美術のデザインをしたことをお話しすると、
とても嬉しそうにしておられました。

短い滞在でしたが、良い出会いや建築に触れて
良いパワーをたくさん受け取ることが出来ました。
nice!(0)  トラックバック(0) 
前の15件 | -