So-net無料ブログ作成
検索選択
前の15件 | -

OiDenまつりご来場ありがとうございました [OiDen]

8月20日(土) 
鵠沼海岸の設計事務所
年に1回のオープンオフィス
OiDenまつり2016 では
たくさんの方にご来場いただきまして
ありがとうございました。

IMG_2477.jpg

親子ワークショップ
「ひみつ基地模型を作ろう!」
では
こどもたちが平面図や立面図から考えて
模型を作り
最後に壁紙などをはりました。

IMG_2486.JPG

1時間半の予定でしたが
みんな熱中してくれて
2時間20分経ち
声をかけて
ようやく終了。

IMG_2484.JPG

IMG_2485.JPG

我が子のセンスに
大人がびっくりしたり
ワイワイ楽しい時間を過ごしました。

模型を眺めにご来場くださった方々とは
久しぶりにゆっくりお話しできたり
新しい出会いもたくさんありました。
ありがとうございました。
nice!(0)  トラックバック(0) 

渡辺篤史の建もの探訪8月20日放映 [地域活動]

明日20日(土)朝5時
渡辺篤史の建もの探訪」で
水平線を望む三角テラスのある家
が放映されます。

IMG_2466.JPG

湘南の高台にある
素晴らしい眺望のお家です。

よろしければ
ぜひ録画してご覧ください。

写真は来週の予告画面です。

関東以外の方は
BS再放送予定が決まりましたら
またお知らせします。

OiDen2016.png


明日のオープンオフィスでは
もちろん
この住宅の模型や写真も
ご覧いただけます。

お子さんが模型をじーっと見つめる姿も
オープンオフィスならではの
心和む光景です。

明日2時からの親子向けワークショップ
ひみつ基地模型を作ろう! は
おかげさまで
定員に達したため、募集締め切りとなりました。

http://kiz-architect.blog.so-net.ne.jp/2016-08-08-1
nice!(1)  トラックバック(0) 

オープンオフィス OiDenまつり2016のお知らせ [OiDen]

設計事務所のオープンオフィス OiDenまつり2016のお知らせ

OiDen2016.png


日時 8月20日(土) 11時-17時
場所 木津潤平建築設計事務所内  OiDen Studio にて。
(鵠沼海岸駅徒歩1分)

模型や写真の展示
「渡辺篤史の建もの探訪」に登場する「三角テラスのある家」や「アトリエハウス 星形切妻のある家」を始め、住宅の模型もずらりと展示


親子で楽しめるワークショップ
秘密基地模型をつくろう
建築学科の大学生や建築士と一緒に
自分だけの
秘密基地模型をつくろう!

WS1.JPG


作った模型は持ち帰ることができます。

[定員] 5組の親子

[対象]
模型を作りたい 5歳ー中学生までの親子
小学校四年以下のお子様は、必ず保護者同伴でご参加ください。

[申し込み方法]
前日の10時までに
contact@kiz-architect.comへ
メールにてお申し込みください。

メール件名は「ワークショップ参加」とし
本文に
1.名前(よみがな) 2. 学年 3.学校名(幼稚園名)
4.同伴者の名前と年齢 5.当日連絡がつく電話番号 6.メールアドレス
を書いて送ってください。

当日は空席があれば参加できますが
予約優先とさせていただきます。

[材料費]
500円

[持ち物]
帰りに模型を入れる袋 (7‐8センチ四方の立方形)
鉛筆と消しゴム。
模型に使いたいものがあれば
レゴ人形やミニカー消しゴム
好きな模様の折り紙や布など自由にお持ちください。



アイスキャンディー
鎌倉の大人気アイスキャンディー 屋さん
イグル氷菓のアイスキャンディー
ありますよ。


[お問い合わせ]
木津潤平建築設計事務所
0466-47-8781(平日10-18)
contact@kiz-architect.com


nice!(0)  トラックバック(0) 

カフェハウスnokkaにて撮影 [9坪×2のカフェ・ハウス]

茅ヶ崎の カフェハウスnokka にお邪魔して、撮影中。

13892288_1061342623955867_5963864410575200074_n.jpg

竣工して5年。

庭の緑が育つのに合わせて
建て主様がこのカフェハウスで
素敵な時間を重ねられているのが感じられ
とても嬉しく、設計者にとって何よりの喜びです。
nice!(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:住宅

海辺のコーポラティブハウス・情報解禁! [コーポラティブハウス]

茅ヶ崎サザンビーチが目の前という絶好のロケーションで、
全7戸のコーポラティブハウスのプロジェクトが
いよいよ募集開始となりました。
aloha002.jpg

コーポラティブハウスとは、
オーナー様を先に募集してから
それぞれのご要望に合わせて、
各住戸のプランの設計を行います。

全ての住戸がメゾネット(2階建て)以上となっており、
しかも、コンクリートで出来た躯体(スケルトン)に対し、
住戸部分(インフィル)は床も外壁も含めて耐火木造とすることで
窓の位置や大きさも自由に決めることが出来る、
ハイブリッド構造となっています。
コンクリートでできたキューブ状の「土地」に
木造の「一軒家」を建てるようなイメージです。
aloha001.jpg

7月31日(日)にネクトン藤沢で発表会、
そして
8月6日(土)には現地説明会を開催します。
お越しいただいた方には、現地特等席より、
茅ヶ崎花火大会(6日開催)をご覧いただける特典つきです!
発表会の詳細はこちらをご覧ください
http://shonanstyle.com/cooperativehouse/aloha-coop-007/blog#blog_id11153

nice!(0)  トラックバック(0) 

「原稿用紙のような家」雑誌掲載 [マンションフルリフォーム]

マンションの一室丸ごとをリフォームした
「原稿用紙の様な家」
6月24日発売の「UOMO」8月号 に掲載されました。

UOMO紙面.jpg


お施主様のライフスタイルを映しこむ事で
初めて完成する空間です。
とにかく素敵な暮らしぶりなので、設計者としては嬉しい限りです。

「原稿用紙のような家」のパネルは
新宿オゾンにて開催中の
「丸ごとリフォーム展」でも展示されております。
http://www.ozone.co.jp/event_seminar/event/detail/68

nice!(0)  トラックバック(0) 

パリ公演終了

舞台デザインを手掛けたパリの
ケ・ブランリー美術館内 
クロード・レヴィ=ストロース劇場での
"Lievre blanc d'Inaba et des Navajo" (邦題 イナバとナバホの白兎)
千秋楽を無事に見届けることができました。

パリ本番写真.jpg

一席も余すことなく埋め尽くされた観客席からは、上演が終わる前から手拍子が湧き上がり、
最後はスタンディングオベーションでした。
劇場スタッフによると、
目の肥えたパリの観客がこれ程熱狂的に拍手をしてくださる事はなかなか無いそうです。

終演後には二度目の観劇をして下さったレヴィ=ストロース夫人とお話しする機会がありました。
氏の著作から本当に大きなインスピレーションを貰って舞台美術のデザインをしたことをお話しすると、
とても嬉しそうにしておられました。

短い滞在でしたが、良い出会いや建築に触れて
良いパワーをたくさん受け取ることが出来ました。
nice!(0)  トラックバック(0) 

2016-06-17

先日、湘南の高台の家にて、
「渡辺篤史の建もの探訪」の収録が行われました。

13344532_1025387870884676_6177632527392627118_n.jpg

天気はあいにくの雨模様でしたが、
撮影終了間際には晴れ間に富士山も覗きました。

13419236_1025387890884674_6190113024041583444_n.jpg

建主様が主役のこの番組。
その分、準備や下打ち合わせなど大変だったと思います。
快く対応をして頂き、本当にありがたい事です。
今から放送が楽しみです。

放送は8月中旬以降との事です。
放映日が決まったら、ホームページのNEWSに掲載します。
どうぞお楽しみに! 
タグ:建もの探訪
nice!(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:住宅

大学にて

火曜日は明星大学、水曜日は明治大学で
建築学科の3年生の設計演習を受け持っています。

今週は2日連続の講評会でした。

pjoto160601.jpg

最近の学生は皆とても真面目で一生懸命なので、
何とか、良い作品を作る喜びを教えて上げたい、と思っています。
でも実は自分にとっての「気付き」の連続です。
nice!(1)  トラックバック(0) 

ケ・ブランリーでの舞台空間デザイン [舞台空間デザイン]

いまパリのケ・ブランリー美術館で
演劇の舞台空間デザインの仕事をしています。

13245233_1013890118701118_385621155542658061_n.jpg

ケ・ブランリー美術館の設計はジャン・ヌーヴェル、ランドスケープはジル・クレモン。
ルーブル、オルセー、ポンピドーに並ぶパリの美術館で、
アジア、アフリカ、南北アメリカ大陸のプリミティブな美術を扱う美術館です。
この建物の大きな特徴として、大きな庭や壁面緑化により、
植物と建物とをより積極的に関係させています。
10年前に空間デザインを担当したオープニングの時は、
庭園という趣だったのが、
10年の間に植物が大きくなり、小さな森の様です。
竣工当初は、建物の形が勝ちすぎていたのですが、
今や植物の方が勢いがあって、建物の存在感が相対的に小さくなり、バランスが改善しています。


13254441_1014898738600256_5140098641963352511_n.jpg

劇場へ通う途中にある
Saint Pierre de Chaillot
ロマネスクの教会にはゴシックの様な壮麗さはありませんが
分厚い石の壁を支えるアーチの素朴な力強さや、温かみのある暗さが好きです。
大小の正円アーチの重なりにより、いくつもの小空間が重なり合いながら大空間を形づくっています。
ディテールがシンプルな分、その空間構成の巧みさが際立ちます。



ケ・ブランリーの仕込みも
ようやく最終段階です。

13256047_1015671978522932_7765180773778081197_n.jpg
nice!(0)  トラックバック(0) 

6月パリでの舞台デザイン [舞台空間デザイン]

今年6月
パリで公演される演劇作品
『イナバとナバホの白兎』
(SPAC 演出 宮城聰)
の舞台美術を担当しています。

実は10年前に
建築家ジャン・ヌーベルが設計した
パリのケ・ブランリー美術館内
クロードレヴィ=ストロース劇場の
こけら落とし公演
『マハーバーラタ』で空間構成を担当しました。
2014年には
アヴィニヨン演劇祭の石切り場での
『マハーバーラタ』の空間構成を行いましたが
フランスでの初めの一歩は
ケ・ブランリー公演でした。

maha03.jpg

館長がこの舞台を気に入ってくださって
開館10周年記念として
委嘱されたのが
この新作『イナバとナバホの白兎』
です。

今回は
集団創作という形で脚本を練り上げていくので
脚本はまだ無い最初の段階に
まず最初に
フランス側へ送る空間デザインを作ってほしい
という依頼が舞い込みました。

10年以上かけて熟成した『マハーバーラタ』の後の新作公演。
6月の本番が
パリの観客にどう受け取られるのか
楽しみです。

5月21日~30日まで
舞台設営のためフランスへ出張します。
事務所は通常どおり
月曜~金曜までスタッフがおりますので
なにかございましたら
事務所へメールまたは電話にて
ご連絡ください。

木津へ連絡がとりたいという方も
contact@kiz-architect.com
までメールをお送りください。
木津、スタッフともにメールを確認しております。

*公演情報
会場/フランス国立ケ・ブランリー美術館 クロード・レヴィ=ストロース劇場
公演日程/2016年6月9日(木)~19日(日) 全10公演(月曜日は休演日)
 
*ケ・ブランリー美術館ウェブサイトでの公演案内はこちら(仏語)

nice!(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:演劇

2016年 新年のご挨拶

新年あけましておめでとうございます。

KIZARCHITECTS2016.jpg

業務開始初日は一日中駆け回っていたため
ご挨拶が遅くなりました。

昨年は本当に大勢の皆様と一緒にお仕事をさせていただき、
大変お世話になりました。

木津潤平建築設計事務所は2016年を
規模、質ともに更なるステップアップを遂げる一年としたいと思っております。

写真は昨年末にお引渡しした岡崎市のカフェハウスです。
2階に設けたカフェとテラスを大屋根がすっぽりと覆い、
繊細で力強い木のフレームに包み込まれた空間となっています。

新年のご挨拶を兼ねて住み心地を伺ってきました。
ご主人も奥様もそれぞれに、大変ご満足頂いているとのことでした。
設計者としての大役を果たした喜びは何にも替えがたいものです。

これからも、たくさんのお客様に喜んでいただける空間を続けていきたいと思っております。

皆様どうぞよろしくお願い致します。

nice!(0)  トラックバック(0) 

Rakaposhi [カフェ・デザイン]

鎌倉のflower+cafe Rakaposhiが、先月末を以て閉店となりました。
151130_01.jpg

オーナーさんから、閉店のお知らせを頂いたのは3ヶ月程前。
「木津さんには直接言わなくちゃ、と思って」と、わざわざ事務所まで来て下さいました。
お店はとても順調だそうですが、オーナーさんが「新しい冒険」を始めるにあたり、
8年続いたこのお店を閉める事にする、との事でした。

独立間もない頃の仕事で、分からない事だらけの中、
夢中で取り組んだ思い出深いお店です。
その後、新しいお客様の出会いの縁を繋いでくれたりもしました。

151130_02.jpg


151130_03.jpg

ありがたいことに、このお店をこのままの形で引き継ぎたいと言う申し出が何件かあるそうです。
ラカポシのある御成通りはこの8年で大きく様変わりしました。
当時は飲食店も数える程でしたが、今ではたくさんのお店が目まぐるしく
テナントが入れ替わる様になりました。
そんな中で、「変わらない風景」としてこのお店があり続ける、
それを望んで下さる人がいます。設計者としてこれ程嬉しいことはありません。

151130_04.jpg
デザインとして派手な事は何もしていません。
ただ、花屋とカフェ、2つのお店が一つの空間に共存するための器をつくることだけを考えました。
そんな、素朴で飾り気の無いデザインが、オーナーさんの想いの受け皿となり、
お客様のお気に入りの居場所となって、街角の風景を作り出しています。
そんな場所を作り出すお手伝いが出来た事をとても誇りに思いますし、
その機会を与えて下さったオーナーさん、この空間を愛し育てて下さった皆様に深く感謝致します。

どうもありがとうございました。

151130_05.jpg
nice!(0)  トラックバック(0) 

オープンハウスのお知らせ [クリニックハウス]

このたび、私たちが手がけた住宅が神奈川県藤沢市に完成し
クライアントの御厚意によりオープンハウスを開催することになりました。
DSC_0082.jpg

診療所と住宅が一緒になったクリニックハウスです。
旗竿敷地に立ち、周囲を住宅に囲まれながら快適に暮らせる家を目指しました。
DSC_0075.jpg

住宅等、私たちの設計にご興味を持たれているお客様は
完成した建物を見ていただくのが一番わかりやすいと思います。

ご興味のある方は、ぜひメールにて、前日までにご連絡ください。
ゆっくりとご見学いただくため、完全予約制とさせていただきます。

「氏名/参加人数/緊急連絡先/見学希望時間帯」
オープンハウス開催日時
2015年11月14日(土)

10:00~10:30
10:30~11:00 
11:00~11:30
13:30~14:00
14:00~14:30
14:30~15:00

御一組様あたり30分とさせていただきます。
一組あたり10名様程度まではご案内可能ですので、
お誘いあわせの上ご連絡いただければ幸いです。

ご予約は下記メールアドレスにて受け付けております。
contact@kiz-architect,com

ご連絡お待ちしております。

なお当日も枠が空いていましたらご案内できますので、事務所までご連絡ください。

木津潤平建築設計事務所
0466-47-8781

nice!(1)  トラックバック(0) 

世界に一つのキッチン [クリニックハウス]

藤沢のクリニックハウスの工事も後ひと月ほど、という所まで来ました。
先日、オーダーメイドのキッチンカウンターと食器棚が設置されました。

オーダーメイドというと高価なイメージがあるかもしれませんが、カウンターをメーカーに直接発注したりすることで、既製品のシステムキッチンと変わらないか、工夫次第では安価に仕上げられます。
何よりも、お施主様の想いの詰まった、世界に一つしかないキッチンをつくることが出来るので、とても喜んで頂いています。

それまではモノトーンの光だけだった空間に「キッチン」という色彩が重なり、そこに暮らすお施主様の様子が目に浮かぶ様です。

image.jpgimage.jpgimage.jpg
nice!(1)  トラックバック(0) 
前の15件 | -