So-net無料ブログ作成
検索選択
設計事務所の日常 ブログトップ
前の10件 | -

設計事務所のインターンシップ [設計事務所の日常]

鵠沼海岸に設計事務所を開いて
間も無く
地域の高校生インターンを受け入れてほしい
という依頼がありました。
地域貢献にもなるので
もちろん受け入れを了解しました。

せっかく来てくれるなら、1週間と短い期間でも
設計の楽しさを知って欲しいと
忙しい時期でもプログラムを工夫して
地元高校生や大学生の受け入れを続けてきました。
スタッフにとっても
教えることで学べることがあるようです。
毎年夏になると
今年はどんな学生さんと会えるのかと楽しみにしています。

昨年12月に
神奈川県教育委員会より
かながわインターンシップ推進優良企業として
感謝状をいただきました。

今年の夏はどんな学生さんたちと会えるのか
楽しみです。

インターンシップやオープンデスクをご希望の方は
contact@kiz-architect.com
まで、メールにて連絡ください。

IMG_3491.JPG

nice!(0)  トラックバック(0) 

10周年を迎えました [設計事務所の日常]

おかげさまで、木津潤平建築設計事務所は
2016年6月に会社設立10年。12月に株式会社化10年を迎えることができました。
これもひとえにお客様やご支援ご協力いただきましたみなさまのおかげと感謝しております。
誠にありがとうございます。

12月にはお忙しい中
近くにお住いの建主のお客様達に
10周年記念としてお集まりいただき、励ましの言葉をいただきました。
大した準備もできなかったのですが
当時のスケッチや竣工当時の写真を見ていく中で
お招きした皆様お一人お一人との設計当時のやりとりがよみがえり
胸が熱くなりました。

もう11年前になりますが
東京の組織設計事務所を独立したのは
建物や空間を必要としている人と直接話し
一緒につくりあげていきたいと切望したからでした。
望みがかない
10年の間に様々なジャンルのオーナーの皆さまと
お仕事させていただくことがで
素晴らしいお客様達との出会いに
心より感謝しております。

また建物や空間を一緒につくりあげていったそれぞれの分野のプロの方々に
敬意を込めて改めて感謝いたします。

来年も、一つ一つ、誠意を持って仕事にあたって参ります。
どうぞ2017年も引き続き、どうぞよろしくお願いいたします。

弊社は12月29日〜1月4日まで冬季休業とさせていただきます。
お問い合わせなどは 1月5日10時から電話・メールにてお願いいたします。
(1月9日は祝日のため通常通り営業します)
nice!(0)  トラックバック(0) 

「SURPRISING JAPAN」展(香港)出展 [設計事務所の日常]

明日 11月29日より12月4日まで
香港で催される「SURPRISING JAPAN」展(USAGI ギャラリー)
に出展します。

香港SURPROSING JAPAN.jpg

出展はイッセイミヤケ、隈研吾氏など日本からの13組です。
私は、共同主宰するデザインユニット
ファイ・フレーム(PHIFRAME)として
FLAMMEFLAMMEチェアーを出展します。

独立したての10年前のプロジェクトが
こうして再び取り上げていただけることを嬉しく、そして感慨深く思います。
お近くにおいでの際は、とはなかなかいきませんね。
香港にお知り合いの方がいらしたらぜひお出かけください。

FLAMMEチェアーは
鵠沼海岸の事務所OiDenでも使用しております。

寒川にあるオーダー家具のお店
collabore
にて注文生産しております。
タグ:FLaMme
nice!(1)  トラックバック(0) 

現場看板 [設計事務所の日常]

現場にとりつけるシート看板が届きました。

さっそく、足場が外される直前の
SOLA HOUSE 
に取り付けてみました。

現場看板.jpg


あまり大げさでなく、シンプルで気に入っています。


SOLA HOUSE は
来年1月連休の頃、オープンハウスを予定しています。

詳しく決まりましたら
またブログに書きますので、どうぞお楽しみに。

現場看板の制作は、湘南を拠点に活躍されているデザイン会社ボンドに依頼しました。

nice!(2)  トラックバック(0) 

高校生インターン [設計事務所の日常]

木津潤平建築設計事務所では
毎年夏、地元の高校生インターンの受け入れを行っています。

今年は希望者が多く、合計4名もの申し込みがありました。
建築やインテリアデザインへの関心の高さがうかがえます。

先日、その内の2名が3日間のインターンに来てくれました。

2人にやってもらった仕事は模型作り。
始めはおっかなびっくりだった、カッターを握る手つきも
3日間の内に様になってくるから大したものです。
diary01.jpg

正直、3日間で仕上げるのは難しいかな…と思っていたのですが
最終日の頑張りで何とか完成にこぎつけました!

模型が出来上がった時の満足そうな顔が素敵でした。
何事もやりきった時の達成感ほど、人を成長させてくれるものはありません。
この経験が2人にとって、なにか将来の糧になってくれれば、と思います。
nice!(4)  トラックバック(0) 

ギャラリーB [設計事務所の日常]

鎌倉のギャラリーBに打合せに行ってきました。

日本を代表する写真家、十文字美信さんが運営されているこのギャラリーで
来月、八咲潮(うしお)さんの個展が開かれるのですが
縁あって、その会場構成のお手伝いをすることになりました。

潮さんは、今や湘南の新しい名物となった感のある
アートに包まれた美しい江ノ電を手掛けたアーティストです。

個展の内容に関しては、改めてご紹介したいと思いますが、
古い民家の棟梁を移築した、懐かしさとモダンさの共存した素晴らしいギャラリー空間を舞台に
brushicsという、新しいスタイルを確立した潮さんの作品がどのように映えるのか
今からワクワクしています。

潮さんとの打合せに集まったのは、
イヌイットファニチュアーの犬塚さん、
ツナグプロジェクトの大嶋さん、水口さん
このメンバーで面白くならないはずがありません。
会場構成だけでなく、展示の企画自体にも少し関わらせていただいているので
その反響が今から楽しみです。

ギャラリーを視察した後、併設のカフェBeeで
十文字さんが自ら淹れて下さった特別なコーヒーをいただきました。
なんでもチュニジアの王族が貴賓をもてなす際に供されるとても貴重なコーヒー豆だそうです。
一口含んだ瞬間に、身体全体を包み込むように広がる香りが素晴らしく、
呑み終わった後の余韻もまた格別なコーヒーでした。
bee01.jpg
器は、十文字さんに「現代の絵付けにおいてこの人の右に出る作家はいない」
と言わしめる作家さんにお願いして
このお店のコーヒーのために特別に作っていただいたものだそうです。


小町通りの路地を入ってすぐのこのお店は
とても静かで安らげる空間でした。
bee02.jpg
窓から眺める庭の緑が心をホッと和ませてくれます。

帰り際、
「個展、とても楽しみにしていますよ。」と
十文字さんが肩を叩いて激励して下さり、感激しながらお店を後にしました。

八咲潮さんのサイトはこちら→http://www.asahi-net.or.jp/~jn7m-kmt/
ギャラリーBのサイトはこちら→http://galleryb.jp/
カフェBeeブログはこちら→http://cafebee.jp/ja/
nice!(1)  トラックバック(0) 

苔玉教室 [設計事務所の日常]

日曜日
ウチの事務所で
ぼんさい手帖さんによる苔玉教室が開催されました。

koke01.jpg
いつもは別々に使っているミーティングテーブルと作業台と製図台を連結。
長さ4.2mの大テーブルに。
事務所を移してから、一度はやってみたかったレイアウトだったので
ひそかにニンマリしてしまいました。

koke02.jpg

午前・午後のクラスともに満員御礼の盛況でした。
リピーターの方に加えて、
地元のお客様がたくさん来ていただけてよかったです。

「内気だから。」と遠慮する大家さんにも参加していただきました。
楽しんでいただけたようでなによりです。

koke03.jpg

苔玉と一緒に手作り陶器の小鳥を飾って記念撮影。

ゆったりとした、時間と空間を共有できる素敵なイベントでした。
こうして、事務所のスペースを皆さんに使っていただけるようなイベントを時々開ければと思います。

鵠沼海岸スタジオも8月には一周年を迎えます。
ただいま、イベントを計画中ですので、
またこのブログでも、告知したいと思います。

ぼんさい手帖さんの詳細はこちら↓
http://www.bonsai-techo.jp/
nice!(3)  トラックバック(0) 

サクラサク [設計事務所の日常]

今朝、自転車でいつもの引地川沿いを通勤中に
川沿いの桜が一本だけ花を咲かせているのに出会いました。
dairy001.jpg

このところ、台風並みの風が吹いたり
真冬に戻ったような氷雨が降ったりと
厳しいお天気が続いていましたが、
見えないところでしっかりと
春の準備をしていたんですね。

冬を乗り越えた季節に
まるでごほうびのように
咲き誇るサクラを楽しめること。
自然のもたらすこの見事な移り変わりを
しみじみと感じた朝でした。


nice!(5)  トラックバック(0) 

「しあわせな家具」とデフレ [設計事務所の日常]

先週末、新宿のオゾンで開かれている
「しあわせな家具展」に行ってきました。

イヌイットファニチュアの犬塚さんが出展されていて
お誘いをいただいたのです。

fntr001.jpg
神奈川や埼玉といった首都圏以外からも
富山や金沢、那須などで
地域に根差しながらも
国内や海外へ発信していく気概を持って
モノづくりに取り組む家具作家さんの
情熱にあふれた姿にじかに接することが出来ました。

最近、安価な量産家具が人気を集めています。
一脚分の椅子の価格で
ダイニングセットが売られています。
それなりにデザインされて機能的にも支障はないので
「これで充分。」と思わせるものが簡単に手に入ります。
けれど、どうしても欲しいと思わせるようなものは、まずありません。

今朝、家内が
近頃バーゲンに行っても欲しいと思える洋服が
見つからない、とこぼしていました。

デフレの原因は
単にお金を使いたくないのではなく
お金を出しても欲しいと思えるモノが
少なくなってきているからかもしれません。

洋服にしろ、家具にしろ
「高いものは売れない」という強迫観念にとらわれ
「良いものを安く売る」ことが至上命題とされています。

確かに安く買えることはありがたいのですが、
正当な対価や評価が得られない作り手たちは
どうやったら情熱を保ち続けられるのでしょうか?
その先に豊かな未来は待っているのでしょうか?
最近そんなことをずっと考えています。

ここに展示されている
精魂こめて作られた家具にはそれぞれ
きちんとした値段が付けられています。

まずは、生産の現場に携わる人々が
モノづくりに真摯に取り組み
誇りと自信を持って適正な価格をつけているのです。

願わくば、そのようなつくり手が活躍できる場が
この国にももう少し増えてほしいものです。
そしてその価値を認め、
敬うことのできる自分でありたいと思います。

「しあわせな家具展」の詳細はこちらです
http://www.ozone.co.jp/event_seminar/event/detail/902.html
nice!(10)  トラックバック(0) 

住宅拝見(2) [設計事務所の日常]

高橋夫妻と一緒に
研究室の先輩である
伊藤博之さんが設計した
サクラノキテラスを見学に。
openhouse001.jpg
中目黒の駅から徒歩5分ほどの
静かな住宅街に
小さな敷地の角に立つ桜の古木を
包みこむように建つ集合住宅です。

3階建てですが
各部屋が縦に重なるのではなく
3層の住戸が横に並んだ構成が
大変面白いと思いました。

1階はサクラの木影に守られるように
2階は窓一面のサクラの花に包まれるように
3階はサクラの樹上に浮かぶように

視点の高さによってサクラとの関係が変わるのを楽しめます。

都心にあっても
自然の恵みと寄り添うように暮らす住宅。
ふたつの取り組みに
刺激をたくさんもらって帰路につきました。
nice!(7)  トラックバック(0) 
前の10件 | - 設計事務所の日常 ブログトップ