So-net無料ブログ作成
検索選択
9坪×2のカフェ・ハウス ブログトップ
前の10件 | 次の10件

プラスターボード張り<NOKKA> [9坪×2のカフェ・ハウス]

外壁仕上げの板金と並行して、
内部の壁の下地となるプラスターボードを張って行きます。
looploupe096.jpg
プラスターボードには延焼を防ぐ防火の機能も備わっています。
法的には9.5mm厚のボードを張ればよいことになっているのですが、
壁に物がぶつかったりしたときに割れたりしないよう、
12.5mm厚のボードを使用しています。
防火の性能も準不燃から不燃に上がるのでより安心です。
looploupe097.jpg
張っているのは
巧人・宅間棟梁のお弟子さんのタツヤ君。
ボードを張る作業には、
墨出しや材料の加工、取り付けなど、
大工さんに必要とされる基一工程が一通り含まれているのだそうです。

棟梁の厳しい指導を受けながら、頑張っています。
nice!(0)  トラックバック(0) 

1サイズ上のユニットバス<NOKKA> [9坪×2のカフェ・ハウス]

ユニットバスの工事をしています。

looploupe100.jpg

通常であれば1216サイズ(1200mm×1600mm)のユニットバスしか入らないスペースに
1サイズ上の1416サイズ(1400mm×1600mm)のユニットを入れるため、
あらかじめ囲われたスペースにユニットを組み立てる通常の順序とは逆に
ユニットを組み立てた後で、周りの壁を立てていきます。
巧人・宅間棟梁の提案によって実現しました。

通常、ユニットバスは組み立てる際の施工性を考慮して、
周囲の壁からある程度の隙間をあけて組み立てるように
設定されているのですが、
この方法であればその隙間を極力少なくすることができるのです。

コロンブスの卵のような発想ですが、
設計の段階から浴室周りの柱をなくすなど、
構造計画にも大きく影響があるため
周到な準備が必要です。

そして、隙間なく壁を立てるための
施工精度と手間が必要となるため、
大工さんの理解と協力が得られなければ
実現はできません。

looploupe101.jpg
ゆったりと足を伸ばして入浴できるユニットバスが入りました。

nice!(0)  トラックバック(0) 

外壁の板金工事<NOKKA> [9坪×2のカフェ・ハウス]

さあ、外壁の板金工事が始まりました。

今回の外壁仕上げは、ガルバリウム鋼板の一文字張りです。
建売住宅などでよくつかわれるサイディングとは違い、
一枚ずつ手で張っていくので、手間がかかります。
looploupe087.jpg
しかも今回は等ピッチの割り付けではなく
3種類の幅の鋼板をランダムに割りつけており、
それぞれが、ホワイト・ライトグレー・シルバーの3色に分かれていますから、
全部で9種類の鋼板を張り分けていかなければなりません。

施工を担当する石浜板金の石浜さんに聞いたところ
通常の倍以上の手間と時間がかかりそう、とのこと。

鋼板の幅は180mm・235mm・340mmの3種類
910mm幅の板から無駄なく切りだせる寸法としています。

作業に入る前に
まずは石浜さんに全体のイメージを伝えます。
割り付け図面は作成していますが、
サッシや水切りなどとの取り合いの都合で臨機応変に変更する必要があるため
全体の見え方や角の部分の色のまわし方などについて
設計者の意図を伝え、イメージを共有してもらいます。

どの工程でもそうですが、細かくあれこれと口を出すよりも
目標とする全体像を示した方が効果的で、
職人さんの効率も上がる上、
それぞれの判断で自律的に最善の選択をしながら作業を進めてくれるようになるため
結果として、良いものが出来上がると思います。

一文字張りは下から上へと張っていきます
looploupe088.jpg
一段張っては、その上にかぶせるようにまた一段。
looploupe090.jpg
looploupe089.jpg
あらかじめ、墨出しされたラインに沿って歪みのないよう
丁寧に作業をしてもらっています。

looploupe091.jpg
白を基調とした壁面にライトグレーとシルバーのラインが挿入されていきます。

「始めに聞いた時は
『そんな割り付けして大丈夫かな?』って思ったけど
やってみると結構いい感じですね。」

と石浜さんの嬉しいコメント。
どうやら、目指すイメージを、はっきりとつかんでいただけたようです。

nice!(2)  トラックバック(0) 

アルミサッシと水仕舞い<NOKKA> [9坪×2のカフェ・ハウス]

looploupe084.jpg
今日はアルミサッシが取り付けられました。

looploupe086.jpg
アルミサッシには四周に外壁に取り付けるための「つば」がついています。
このつばを防水紙の上から釘打ちで止めていくのですが、
上側のつばだけは防水紙の下に潜り込ませるようにして留めています。
looploupe085.jpg
壁を伝って落ちる水がサッシの下に入り込まないようにするためです。
この上から防水テープを張るのですが、
防水テープやコーキングといった
化学系の材料にあまり頼らないディテールを心がけています。

「コーキングは必ず切れると思え。」とは、棟梁・宅間さんの信条。
基本的にはコーキングに頼らない納まりで、
水の逃げ道をつくり、建物を雨から守ります。
nice!(3)  トラックバック(0) 

階段<NOKKA> [9坪×2のカフェ・ハウス]

土曜日、お昼前に現場でオーナーご夫妻を交えて打合せを終え、
いったん事務所に戻りました。
その後、夕方の4時頃に再び現場に行くと
昼前には影も形もなかった階段が完成していました。
looploupe082.jpg
階段をつくるとは聞いていたので、
「どのくらい出来てるかな~?」と思っていたのですが
わずか4時間足らずで完成してしまうとは驚きました。

「こういうのは仕度(したく)が肝心なんだよ。
きちんと材料を刻んでおけば現場で組み立てるのはあっという間。」
と、当然と言った感じの棟梁・宅間さん。

ですが、只の階段ならまだしも
この階段には下足箱という機能も備わっているため
本来見えなくなるはずの段裏も露出します。
looploupe083.jpg
通常はくさびを打ち込んで
段板をささら(階段を支える斜めの側板)に固定するのですが
そのくさびなしで、コンマ数ミリの精度で段板をはめ込んでいるのです。

出来上がってしまえば、何気なく見える納まりに
職人技の粋が込められています。

シビレるな~
nice!(2)  トラックバック(0) 

外壁の防水<NOKKA> [9坪×2のカフェ・ハウス]

外壁の下地(耐震パネル)に防水層を施工しました。
今回は透湿防水紙を前面に張っています。
looploupe080.jpg
透湿防水紙とは
水滴は通さず、水蒸気は通す特殊なシートです。
外からの水の侵入を防ぎながら、壁内部の湿気を外に放出します。
ただ、今回は下地に耐震パネルがあるため、
内側からの湿気はあまり外部に漏れません。
となると、室内から壁の中に湿気が侵入すると内部で結露を起こしてしまうので
室内側の壁を張る前に防湿シート(湿気を通さないビニール素材)を
前面に張って、壁内部への湿気の侵入を防いでいます。
looploupe081.jpg
nice!(0)  トラックバック(0) 

断熱材<NOKKA> [9坪×2のカフェ・ハウス]

外壁の内側に断熱材を充填しています。

looploupe079.jpg
建物全体を断熱された壁でくるむことで
夏は涼しく、冬は暖かな環境を生み出すのに大事な役割を果たします。
100mm厚のグラスウールを隙間なく詰めていきます。
この断熱材、住宅版エコポイントの影響もあって
極端な品薄状態となっており、
現場によっては、何ヶ月も入荷待ちが続くことがざらにあるという異常事態が続いています。

今回は、巧人・棟梁の宅間さんが手を尽くして
ようやく確保してくれました。


nice!(1)  トラックバック(0) 

床板<NOKKA> [9坪×2のカフェ・ハウス]

2階のベッドルームの床を張り始めました。
looploupe078.jpg

最近では24mmの合板に15mm程度のフローリングを張る床が主流ですが、
ベッドルームは床板の裏がそのままカフェの天井となるため、
無垢の板で一発仕上げとしています。
床の剛成を確保するため、40mmの厚板とし
900mmピッチに渡した梁に直接ビス止めして行きます。
ビスの頭は埋め木で処理します。

材料は肌触りのよいサワラです。
素足に心地よく、思わず寝ころびたくなるような床材です。
nice!(3)  トラックバック(0) 

配線工事<NOKKA> [9坪×2のカフェ・ハウス]

電気設備の配線工事が始まりました。
工事をするのは横浜の有賀電気さん。
looploupe076.jpg
今は亡き住宅設計の大家、宮脇壇氏御用達の業者さんだったそうです。
かのボックスシリーズも随分手掛けられたとか。

カフェの天井の照明は配線スペースが全くありません。
天井を張らずに2階の床の構造をそのまま見せているからです。
でも配線は隠したい。
そんな設計者のわがままに、巧人・宅間棟梁が一肌脱いでくれました。
looploupe077.jpg
2階の床梁を欠き込み、そこに照明の配線スペースを確保。
見えないところに手間がかかっています。
nice!(2)  トラックバック(0) 

フローリングは塗装すべき?<NOKKA> [9坪×2のカフェ・ハウス]

2階住居のダイニングスペースの床は無垢フローリングです。
フローリングには塗装品(ウレタンクリア)と無塗装品の2種類があります。
どちらにするか、悩みどころです。

無垢の木の肌触りや風合いを楽しむには無塗装の方がよいのですが、
うっかり何かをこぼしてしまった時の汚れやシミに強いのは当然、塗装品ということになります。
また、木の風合いを極力残すような、含浸系の自然塗料という選択肢もあります。

考えていてもらちが明かないので、
実際どの程度、汚れに対しての効果があるのかを実験してみることにしました。

実験対象は無垢のサクラのフローリングの
a)塗装品
b)無塗装品
c)無塗装品に自然塗料(今回はりボスを使用)を塗ったもの
looploupe069.jpg
の3種類です。(左からa/b/c)

ここにオーナーご夫妻がお好きだという、赤ワインをこぼして
1) すぐ(10秒後)に拭き取った場合
2) 15分放置してから、堅く絞った雑巾で拭き取った場合
の2パターンを試してみました。

さあ、実験開始です。

looploupe071.jpg
a)塗装品はごらんのように、ワインをしっかり撥いているのが分かります

looploupe070.jpg
b)無塗装品は見る見るうちにワインが木肌に沁み込んでいきます。

looploupe072.jpg
c)含浸系の自然塗料はなかなか頑張っています。
この時点で、ある程度の撥水性があることが分かります。

結果はご覧のように。

looploupe073.jpg
a)塗装品は、1・2のどちらも問題なく、きれいにふき取ることができました。

looploupe074.jpg
b)無塗装品は すぐにふき取っても少し跡が残り、
 15分後では、かなり跡が残ってしまいました。

looploupe075.jpg
c)自然塗料は、すぐにふき取れば跡は残りませんが、
 15分後では、うっすら跡が残っています。

最終的にオーナーご夫妻はcの自然塗料を選ばれました。
何かこぼしたときにも、すぐに拭き取れば跡が残りにくいことが分かり、
その上、無垢の風合いも楽しめるという点では、
バランスのいい選択だと思います。

みなさんなら、どうされますか?
nice!(3)  トラックバック(0) 
前の10件 | 次の10件 9坪×2のカフェ・ハウス ブログトップ