So-net無料ブログ作成
検索選択
舞台空間デザイン ブログトップ
前の10件 | -

フランスでの空間デザイン『アンティゴネ』初日 [舞台空間デザイン]

フランス アヴィニョン演劇祭2017のオープニングを飾る作品
『アンティゴネ』が無事に幕を開けました。

antigone.jpg

大きなトラブルも無く、天気にも恵まれました。
2000の客席を埋め尽くすお客様は、毎年この瞬間を楽しみにして来ておられます。
それだけ目の肥えた、ある意味とても厳しい批評の眼差しの洗礼を受ける事になります。
日本の宮城聰さんが、アジア人の演出家として初めてオープニング公演を任された作品としても
賛否両論、大注目の作品となり、厳重なセキュリティチェックの中、30分押しの開演。

生演奏でエンディングを迎え、一瞬の静寂の後、大きな拍手とスタンディングオベーション。

「法王庁の初日で全席スタンディングオベーションは、普通はあり得ません。
これは誇りに思うべき出来事です。」
とは、あるベテラン現地スタッフのお言葉。
難しい作品であったに関わらず、想像以上の嬉しい初日の反応を見届けて、日本に戻りました。

フランスではル・モンド紙を初め、好意的な劇評を掲載していただきました。
フィガロには、木津潤平の空間デザインと名前を挙げて紹介していただき、嬉しい限りです。

こちらが、法王庁で「アンティゴネ」をすることが決まったときにイメージが浮かんだ最初のスケッチです。

antigone firstsketch.jpg


宮城聰さん演出作品での舞台空間デザインの場合、特に近年、演出がまだほとんど白紙に近い段階で、会場となる場所と作品からイメージを膨らませ、まず空間演出としてのデザインを先に提示し、そこから演出が始まっていく、という少し特殊なやり方を求められています。

世界遺産である14世紀の建築を活かした劇空間を作り上げる機会をいただいたこと、様々なハードルを一緒に乗り越えた日仏舞台スタッフの皆様、また現場でしか調整できない細かな調整にお付き合いいただき、一緒に空間をつくりあげてくださった演出家、スタッフの皆様、俳優陣の皆様に、心より感謝しております。
nice!(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アート

フランスでの空間デザイン 色即是空 [舞台空間デザイン]

2017年7月6日に初日を迎える
フランス アヴィニヨン演劇祭 オープニングを飾る
『アンティゴネ』(宮城聰演出 SPAC)

世界三大演劇祭のメイン会場である法王庁を会場として
日本の劇団が公演を行うのは初めて。
この快挙について日本でほとんどニュースになっていないのが不思議なくらいですが
こちらの空間構成を担当させていただいております。

3月28日 アンスティチュ・フランセ東京でおこなれた
東京プレス発表会に演出家や俳優陣と一緒に登壇し
空間デザインについて説明させていただきました。

法王庁のステージに水を張り
この世とあの世をつなぐ境界としての水面を作ります。
平等院鳳凰堂のような、浄土の表現としての水面です。
この水面は「魂の帰る場所」をイメージしています。

その中に龍安寺の石庭のようなイメージで、
石をところどころ、島のように配置します。
「生」というのは、この魂の空間の中に浮かんだ中間領域のようなものであり
舞台上の俳優たちは皆等しく仏、無垢な塊です。
そのうち、石の上に乗っている間が、ほんの短い人の一生である、と。

また、巨大な壁に覆われた2000席の空間で神話の世界を表現するため
壁をスクリーンに見立てて影絵芝居としてはどうかという提案をしました

現世の肉体はあの世の魂が投影された影である
という考え方
これは般若心境の「色即是空」に近い考え方であり
日本的な死生観を表せるのではないかと考えています。

そんな内容をお話しました。

この内容について、詳細を書き起こしていただいているので
こちらをご覧ください。

アヴィニヨン演劇祭の「アンティゴネ」についてこちら

5月4日から7日にかけて行われる
静岡県 駿府城公演の詳細についてこちら
nice!(1)  トラックバック(0) 

『マハーバーラタ』 奈良・平城宮公演 [舞台空間デザイン]

世界に一つしかない舞台が太古の都に降り立ちます。

2014年のアヴィニヨン演劇祭で、大好評を博した
『マハーバーラタ・ナラ王の冒険』が奈良・平城宮の遺跡にて復活上演いたします。
maha02.jpg

アヴィニヨンの石切場に包み込まれる様にデザインされたリング型の野外劇場を
平城宮第二次大極殿跡地に再建し、
観客席がぐるりとステージに取りかこまれる
演劇空間が再び姿を現します。


石切場の崖の代わりに舞台の背景となるのは
悠久の時が流れる、太古の都の風景。

heijou.jpg


古の都びとも、毎日仰ぎ見ていたことでしょう。
会場予定地選定の際、その候補には無かったこの地に足を踏み入れた瞬間、
「ここしかない!」という確信を感じました。

正面奥に三笠山を望み、そのふもとには正倉院。
インドの神話が、古代日本に流れ着いていたら、、、
という着想で作られたこの舞台に、
これ以上相応しい上演の地はないかもしれません。

日本国内での公演はしばらく予定しておりませんので
足をお運び頂く価値はあると思います。

公演情報
9月9日(金)~12日(月) 全て18:30開演

チケットお申込みなど、詳しい情報はこちらをご覧ください。
http://culturecity-nara.com/event_info/spac/

nice!(0)  トラックバック(0) 

ケ・ブランリーでの舞台空間デザイン [舞台空間デザイン]

いまパリのケ・ブランリー美術館で
演劇の舞台空間デザインの仕事をしています。

13245233_1013890118701118_385621155542658061_n.jpg

ケ・ブランリー美術館の設計はジャン・ヌーヴェル、ランドスケープはジル・クレモン。
ルーブル、オルセー、ポンピドーに並ぶパリの美術館で、
アジア、アフリカ、南北アメリカ大陸のプリミティブな美術を扱う美術館です。
この建物の大きな特徴として、大きな庭や壁面緑化により、
植物と建物とをより積極的に関係させています。
10年前に空間デザインを担当したオープニングの時は、
庭園という趣だったのが、
10年の間に植物が大きくなり、小さな森の様です。
竣工当初は、建物の形が勝ちすぎていたのですが、
今や植物の方が勢いがあって、建物の存在感が相対的に小さくなり、バランスが改善しています。


13254441_1014898738600256_5140098641963352511_n.jpg

劇場へ通う途中にある
Saint Pierre de Chaillot
ロマネスクの教会にはゴシックの様な壮麗さはありませんが
分厚い石の壁を支えるアーチの素朴な力強さや、温かみのある暗さが好きです。
大小の正円アーチの重なりにより、いくつもの小空間が重なり合いながら大空間を形づくっています。
ディテールがシンプルな分、その空間構成の巧みさが際立ちます。



ケ・ブランリーの仕込みも
ようやく最終段階です。

13256047_1015671978522932_7765180773778081197_n.jpg
nice!(0)  トラックバック(0) 

6月パリでの舞台デザイン [舞台空間デザイン]

今年6月
パリで公演される演劇作品
『イナバとナバホの白兎』
(SPAC 演出 宮城聰)
の舞台美術を担当しています。

実は10年前に
建築家ジャン・ヌーベルが設計した
パリのケ・ブランリー美術館内
クロードレヴィ=ストロース劇場の
こけら落とし公演
『マハーバーラタ』で空間構成を担当しました。
2014年には
アヴィニヨン演劇祭の石切り場での
『マハーバーラタ』の空間構成を行いましたが
フランスでの初めの一歩は
ケ・ブランリー公演でした。

maha03.jpg

館長がこの舞台を気に入ってくださって
開館10周年記念として
委嘱されたのが
この新作『イナバとナバホの白兎』
です。

今回は
集団創作という形で脚本を練り上げていくので
脚本はまだ無い最初の段階に
まず最初に
フランス側へ送る空間デザインを作ってほしい
という依頼が舞い込みました。

10年以上かけて熟成した『マハーバーラタ』の後の新作公演。
6月の本番が
パリの観客にどう受け取られるのか
楽しみです。

5月21日~30日まで
舞台設営のためフランスへ出張します。
事務所は通常どおり
月曜~金曜までスタッフがおりますので
なにかございましたら
事務所へメールまたは電話にて
ご連絡ください。

木津へ連絡がとりたいという方も
contact@kiz-architect.com
までメールをお送りください。
木津、スタッフともにメールを確認しております。

*公演情報
会場/フランス国立ケ・ブランリー美術館 クロード・レヴィ=ストロース劇場
公演日程/2016年6月9日(木)~19日(日) 全10公演(月曜日は休演日)
 
*ケ・ブランリー美術館ウェブサイトでの公演案内はこちら(仏語)

nice!(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:演劇

『マハーバーラタ』駿府城公演 終了しました [舞台空間デザイン]

SPAC『マハーバーラタ ナラ王の冒険』
駿府城公園内仮設劇場での野外公演が、
無事千秋楽を終えました。

ご来場頂きました本当にたくさんのお客様に心より御礼申し上げます。

アヴィニヨン演劇祭のブルボン石切場という、
世界でも例のない特異な敷地の為にデザインされた、
リング状の舞台が客席を取り囲むという空間構成でしたが、
駿府公園の木立と、遠くに臨むビル群の夜景という、全く異なる背景を得て
この祝祭劇に新たな息吹が吹き込まれました。

image.jpg
改めて、この空間デザインの持つ可能性、
原初的な歓びに繋がる普遍性を確認することが出来ました。
このことを、次なる創作への糧としていきたいと思っております。

ありがとうございました!


nice!(1)  トラックバック(0) 

『マハーバーラタ』 静岡駿府城・野外公演 [舞台空間デザイン]

昨年、アヴィニヨン演劇祭で大好評を博した
『マハーバーラタ』のリング型野外劇場が、
静岡駿府城の天守台跡にて復活します。

maha02.jpg

巨大な石切場を背景にしたこの前代未聞の演劇空間は、
フランスのメディアからも大変な好感を持って取り上げられました。
「現代の舞台芸術空間のあらゆる可能性が提示されている(翻訳:片山幹生氏)」と評された演劇空間を野外で体験していただく機会が、これほど早く巡ってくるとは、嬉しい限りです。
昨秋に行われたKAAT神奈川芸術劇場版も大成功でしたが、
野外ではリング全体が夜空に開かれた「窓」となります。
宇宙との交信、というと何やらオカルトめいていますが、
演劇の持つ原始的な体験がそこにはあるのです。
maha03.jpg

普段演劇をご覧にならない方にもぜひ観ていただきたい作品、体感していただきたい空間となっています。
詳しくはこちらまで
http://www.spac.or.jp/15_yagai_mahabharata.html
nice!(1)  トラックバック(0) 

アヴィニヨン演劇祭(2) [舞台空間デザイン]

先週末、アヴィニヨンから帰国しました。
無事に初日を見届けることができましたが、
ギリギリまで本当にいろいろなことが起こりました。

アンテルミタンのストライキによるフェスティバル中止の危機は回避できましたが、
4日に限定的ストライキが行われたおかげで仕込みがストップし、
以降は連日深夜を超えて早朝まで準備が続きました。

そして初日前日のリハーサル直後に襲来した豪雨(+雷)により、
会場までの山道が通行不能となり、無念の公演中止。
20年以上の石切場の歴史の中で公演中止は初めてのことのようです。

それでも気を取り直し、豪雨によってダメージを受けた舞台や衣装、小道具を修復し、
新たな雨対策も施して7月8日に一日遅れの初日が無事に幕を開けました。

maha02.jpg
(撮影:新良太)

1000人の観客席が埋め尽くされ、
どの顔もこの公演を心待ちにしていたという期待感でいっぱい。
その光景を目にしただけで、ようやくここまで来たか、という感慨で胸がいっぱいになりました。

午後9時過ぎに日が暮れ、夕闇が徐々に濃くなって、
月明かりが舞台を照らし始めた午後10時、
舞台正面に設けられた演奏舞台に並んだ演奏者(俳優)達の、
全身を叩きつけるようなパーカッションで幕が開けたその瞬間、
全身に鳥肌が立ちました。
リハーサルで何度も繰り返してきた場面ですが、
満場のお客様とともに共有するその瞬間は全く違うものでした。

客席の3m頭上に浮かぶように設けられたリング状の舞台に、
そそり立つ岩壁を背景に絵巻物のように神話の登場人物が現れては消えていきます。

maha01.jpg

2時間足らずの公演はあっという間に終わり、
最後の演奏者がただ一人残り、
魂を込めたパーカッションの最後の一音が岩壁にこだました後、
割れんばかりの拍手とともに、総立ちのスタンディングオベーション。
それはおそらく、一生忘れられない幸福な瞬間でした。

この機会を与えてくれた全ての人、
一緒に造り上げたすべての仲間、
この場を共有してくれた全てのお客様に深く深く感謝いたします。

※今回の公演の空間デザインについては下記サイトにて詳しくご覧いただけます。
 随時写真も追加していきますのでご覧ください。
http://www.kiz-architect.com/works/mahabharata2014/

nice!(0)  トラックバック(0) 

アヴィニヨン演劇祭 [舞台空間デザイン]

アヴィニヨンに到着しました。

今回の「敷地」は
ピーターブルックが「マハーバーラタ」上演のために何年もかけて探し当てた、今はもう使われずに打ち捨てられた石切場の廃墟です。

maha00.jpg

20メートル以上の高さの崖に3方を囲まれた、
この壮大な空間は、人を寄せ付けない荒涼とした空気に満たされています。

ピーターブルックの「マハーバーラタ」は20世紀演劇史に残る事件となり、以来この会場は演劇祭のメイン会場の一つとなっています。
ブルック版「マハーバーラタ」がそうであったように
この空間には、人間の愚かさや自然の厳しさを謳った叙事詩や悲劇と言った作品がよく似合います。

ですが、SPAC版の「マハーバーラタ」は自然の豊かさを謳い
愚かさを克服する人間を祝福する祝祭劇です。
砂漠のような虚無感に満ちたこの場所に、
豊かな実りに満ちた東洋的な宇宙観を表現するための空間デザインが必要とされたのです。
それはとても大きな挑戦です。

これからお見せすることになる、空間デザインは演劇空間としてはこれまでに例のないものとなるはずです。

世界中から来た人々がどう感じ、この空間がどんな空気に満たされるのか、
今からワクワクしています。
nice!(0)  トラックバック(0) 

地点×KAAT公演 『悪霊』の舞台デザイン [舞台空間デザイン]

今月、横浜のKAAT神奈川芸術劇場にて行われる
地点『悪霊』の舞台美術を担当しています。

地点の演出家、三浦さんとは
2012年12月東京芸術劇場での地点公演『光のない。』で
初めて一緒にお仕事をさせていただき、
その後、劇団地点の本拠地、京都のアトリエを設計させていただいています。

『悪霊』、ドストエフスキーです。大作です。

気鋭の演出家三浦さんとのコラボレーションは刺激に満ち、
仕込みの作業も大詰めを迎えています。
本番を迎えるのが今から楽しみです。
chiten1402.JPG

京都まではなかなか行けないが、地点は見ておきたいという方、
横浜へぜひ!
詳しい公演情報はこちら
http://www.kaat.jp/d/akuryo#.UxV6zD9_s40
地点特設ブログでは進行中の稽古の様子も報告されています。
http://chiten-kaat.net/blog/

KAATは恩師である香山先生の設計の魅力的な劇場というのも訪れる楽しみの一つです。
nice!(1)  トラックバック(0) 
前の10件 | - 舞台空間デザイン ブログトップ