So-net無料ブログ作成
前の15件 | -

Memory of Zero 舞台デザイン [舞台空間デザイン]

明日3月9日10日
神奈川県民ホールにて
Memory of Zero
というダンス公演があります。

チラシ表面.JPG

ピアノ 一柳慧
構成 演出 白井晃

「 2人の芸術監督が「身体と記憶」をテーマに創るダンスパフォーマンス
滅亡の街と化した劇場空間で、ダンスの現在(いま)を映し出す」
第1部「身体の記憶」
第2部「最後の物たちの国で」(作/ポール・オースター 訳/柴田元幸)を基にした2作品を
上演します。

こちらの空間構成を担当しています。

振付 遠藤康行
主演 小池ミモザ (モナコ公国モンテカルロ・バレエ団プリンシパル)

指揮 板倉康明
演奏 東京シンフォニエッタ

チラシ裏面.JPG


ぜひお楽しみに
nice!(1) 

Holiday Village オープンまであと少し [地域コミュニティスペース]

茅ヶ崎にて工事中の
レンタルスペース&コミュニティカフェ
Holiday Village


完了検査が無事終わり
4月オープンに向けて
あと少しとなりました。

iOS の画像.jpg

茅ヶ崎にまた一つ
人が集まるワクワクするスペースが出来上がりますね

これからが楽しみです

nice!(0) 

ニューヨーク Park Avenue Armory公演 [舞台空間デザイン]

今年10月
ニューヨーク Park Avenue Armoryでの
演劇公演『Antigone』の舞台デザインを担当することになりました





nice!(1) 

オペラ「ルサルカ」youtube映像 [舞台空間デザイン]

2017年日生劇場での
日生オペラ「ルサルカ」

ダイジェスト映像がyoutubeで公開されたと
日生劇場から連絡をいただきました。

こちら からご覧いただけます。

空間構成を木津潤平が担当しました。

もともと海をイメージした日生劇場の壁。
ここで人魚姫のオペラをやる。
それならと、さらに舞台上にも壁からの連がりを伸ばし
お客様が海の中にオーケストラも一緒に包まれているようなデザインに
すぐに決めました

照明は、有名な照明デザイナーの沢田祐二さん。
「月光の場面では、月の光そのものを表現するのではなく、人魚姫ルサルカから見た月明かりに照らされる湖面のきらめきを舞台に表現してほしい」
などの細かな視覚的要望にも快く応えていただき、感謝しています。

オーケストラの弦が動く様子をさざなみに例えて
視覚的にも演出に取りいれたアイデアなど
オペラを知り尽くした日生劇場の方々にも気に入っていただき
空間に関するアイデアの実現に向けて
一緒に作り上げる時間はとても創造的な前向きな空気に満ちていました。

平成29年度(第72回)文化庁芸術祭賞 優秀賞受賞作品

Stage Designed by Junpei Kiz Kizu Junpei for Opera "Rusalka"

nice!(1) 

Theatre E9 Kyoto [Theatre E9 Kyoto]

49599710_1896357907143683_7680511731344343040_n.jpg

「木津さんのお仕事は夢を与えるお仕事ですね。」
Theatre E9 の忘年会でこんな言葉をかけて頂いた。
「とんでもない!全く逆です。僕がこの方達から大きな大きな夢を貰っているんです。」
とお答えした。これは謙虚でもカッコつけでもなんでもなく、全くの真実。

このお仕事だけでなく、全てのプロジェクトがそう。

鵠沼海岸の踏切の側にある小さな事務所の扉を叩くお客様は、
皆さん大きな大きな夢を抱えて、狭い階段をエッチラオッチラいらっしゃる。
その夢を形にするお手伝いをするのが、建築家としての僕の仕事。

この仕事の何と幸せなことか!

実は独立前は建築設計の仕事とどう向き合うべきか、随分悩んだ。
建築家として独立してやっていく為の「芯」のようなものが定まっていないと感じて悶々としていた。
そんな中、1つのお墓のデザインをさせていただいた事が、大きな転機となった。
亡くなったのは、小さい頃から自分を可愛がってくれたおじさんだった。
一年経ってもまだ哀しみが少しも消えず、泣きながら暮らしていたおばさんの助けにならないかと思い、
彼女の座る小さな石を墓石の前に据えた。
若い頃建築家に憧れていたと言うおじちゃんが、もし自分のお墓を作るなら、
きっと自分の為ではなく、残される最愛の人の為に「居場所」を作ってあげたいだろうと思った。

ああ、そうだ。
建築家というのは、誰かに変わって、誰かの居場所を作る仕事なんだ。
それなら一生をかけて追い求められる。
ようやく「芯」が見つかった。
こうして僕は駆け出しの建築家になる事が出来た。

その為に僕は1つの夢を諦める決意をした。
「劇場を設計したい」という夢を。
その為に就職を決めた大きな設計事務所を離れる事になるから。

独立して10年が経ち、沢山の人から夢を貰って、その夢の大きさに導かれるように育てられてきた。

そして独立して10年目の夏に京都で、
かつて僕が一度手放した、「劇場をつくる」という夢を抱えた人達に出会った。

建築家は自分の夢を追うのでは無い。誰かの夢に寄り添いそれを形にする。
そうやって、最期まで、この幸せな写真の様な時間を、共に分かち合いながら、誰かの居場所を作って行く。
そうやって一緒に劇場を作っていけることの幸せをしみじみ感じました。
nice!(0) 

冬期休業のお知らせ [設計事務所の日常]


木津潤平建築設計事務所は
明日より1月3日まで
冬期休業とさせていただきます

昨日より今日にかけて
茅ヶ崎ビーチコーポラティブハウス
36355190_1734369389986517_6774273185211744256_n.jpg


茅ヶ崎コミュニティカフェ×レンタルスペース ホリデイビレッジ
49318347_1821738871287342_4050783243987845120_n.jpg


京都 Theatre E9 Kyoto
TE9M14.jpg


という現在進行している現場打合せです

オーナー様
現場工事関係者の皆様
協力設計事務所の皆様
関係する皆様に感謝しながら
本年の業務を終了とさせていただきます

2018年夏に竣工した
杉並区のアトリエハウス
集合住宅
のオーナー様より
「この家で新年を迎えられる幸せを感じています」
という嬉しいメッセージが届きました
ありがとうございました

35799404_1861560947228771_5383972098035154944_n.jpg

46493745_1731520450293074_8890729577148579840_n.jpg


41787134_1864027243687397_114915225848774656_n.jpg

また来年も
ワクワクするプロジェクトが進行します
どうぞ2019年も
木津潤平建築設計事務所をよろしくお願いいたします

nice!(0) 

京都の小劇場Theatre E9クラウドファンディング目標達成 [劇場]

京都に小劇場を作ろう!
弊社で設計監理を手掛けております
Theatre E9 Kyoto(シアターイーナイン) のプロジェクトが
昨日 クラウドファンディング目標達成しました。
ご協力いただいた皆様 ありがとうございました。

現場では倉庫リノベーション工事が始まり
来年夏のオープンに向けて動いています。

多くのご支援があったことで
この小劇場が必要とされているということが改めて感じられ
関係者一同にとって
大きな力となっています

ところで、このプロジェクトを進めているアーツシード京都の
プロジェクトを紹介する動画に
この夏
弊社事務所に集まった大学生が作ってくれた1/30模型が何度か登場します。
小さなカメラで撮影すると
まるで本物の劇場のようですが
画面左上に建築模型と出ているとおり
建築模型です。

TE9M14.jpg

TE9M2.jpg


リンクを貼りますので、ぜひご覧になってみてください。

アーツシード京都のページはこちら

facebook Theatre E9 Kyotoはこちら


nice!(0) 

ランドスケープシアター講演 & Theater E9 [劇場]

本日東京ビッグサイト
「ランドスケープシアター」

47679856_2093970777321119_289957618724634624_n.jpg

実際の舞台写真や動画、スケッチ等とともに
フランス アヴィニヨン演劇祭での
木津潤平による舞台デザインコンセプトについて
のレクチャー終了

レクチャー後半は、
京都に小劇場を作ろう
「TheaterE9Kyoto」プロジェクトについて。

47682941_2093970817321115_6885796022551838720_n.jpg


このプロジェクトを運営していらっしゃる
アーツシード京都 理事
蔭山陽太さんにもご登壇いただいたおかげで
熱い想いをわかりやすく伝えることができました。

47487815_2093970787321118_5258169379199123456_n.jpg

ご来場いただいた皆様
ありがとうございました。

47396781_2093970830654447_8014254462887526400_n.jpg

TheaterE9クラウドファンディングは
残り14日
詳しくはこちら


nice!(0) 
共通テーマ:演劇

ランドスケープシアター 12月6日レクチャー [舞台空間デザイン]

12月6日 レクチャー「ランドスケープシアター」のお知らせ

第3回「ライブ&シアターエキスポ(THEATEX)」(東京ビックサイト)にて
最近の舞台デザインや京都小劇場リノベーションプロジェクトTheater E9 Kyotoについて
木津潤平がお話しさせていただくことになりました。
ぜひお待ちしています!

12月6日(木)12:30-13:30
東京ビックサイト 西ホール E6会場
入場無料 事前予約必要

セミナー概要.jpg

*お申し込みはこちらのサイトから
日にちとキーワードに「ランドスケープ」と入れていただくと、検索できます
http://leisure-japan.jp/seminar/



主催:TSOインターナショナル
共催:一般社団法人日本劇場技術者連盟 
E-mail: renmei-honbu@teec-or.jp

nice!(0) 

パリ ラヴィレット建築大学でのレクチャー [設計事務所の日常]

パリからの帰国日に最後の一仕事。
ラヴイレット建築大学 Mahtab Mazlouman教授の舞台美術クラスにて、レクチャーとゲストクリティークをさせていただきました。

46520466_1959828870773900_537527311851847680_n.jpg

Landscape Theatreと題したこのレクチャーは
今年9月 パリMCJPにて行ったものですが、今回は通訳無し英語でのレクチャーでした。
始めは調子がつかめず、たどたどしかったのですが、途中からは良い意味で開き直って、想いを伝えることができた様に思います。
皆真剣にメモを取りながら聴いてくれました。

レクチャー後は質問タイムを経て、今度は学生の課題作品の中間講評会。
3人ほどのグループによる10ほどの作品を、一つずつ、出来るだけ丁寧にアドバイスをしたつもりです。
学生の作品の中には、ハッとさせられる様なアイディアや、ぜひ見てみたい美しい案もありました。まだ発展途上でも皆、真摯に課題に取り組む姿は、国が変わっても同じですね。

IMG_4620.jpg


nice!(0) 
共通テーマ:学問

靴工房 吊り棚完成 [2世帯+共同住宅]

杉並区のアトリエ付き住宅

靴工房のアトリエがあります。

46493745_1731520450293074_8890729577148579840_n.jpg


もともと吊り棚を計画していたのですが
せっかくなら
作業テーブルに合わせて作ろうということで
竣工後に搬入されたテーブルに合わせて
打合せをしていました。

オーナー様から送っていただいた写真がこちらです。

テーブルは 
茅ヶ崎 inu it furniture 製作です。

46496212_311412342792118_8658677626631618560_n.jpg


46625575_2181152152107342_4433916918319022080_n.jpg


オーナー様ご自身で塗られた壁ともよく合っていますね。

nice!(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

パリ マハーバーラタ初日 [舞台空間デザイン]

「マハーバーラタ」パリ La Villette (ラ・ヴィレット)公演
(演出 宮城聰 脚本 久保田梓美)
無事に初日が開きました。

 空間構成を担当しています。


おかけさまで、全公演、既にソールドアウトだそうです。

超満員のお客様。誰一人として席を立たす、最後はトリプルコールのスタンディングオベーションでした。
ロビーに出てくる一人一人のお客様がとてもいい顔をされていて、こちらの目を見て「ありがとう!」と言って下さる事がとても嬉しいです。

maha看板.jpg

一足早く冬が来たようで
小雪もちらついています



nice!(0) 
共通テーマ:演劇

Holiday Village 上棟 [地域コミュニティスペース]

本日青空の下
茅ヶ崎のコミュニティカフェ×レンタルスペース
Holiday Village
の建て方が始まりました

SHV棟上げ01.jpg

(撮影 田中由希子)

kiztanaka.jpg

(撮影 西村和哉)
nice!(0) 
共通テーマ:地域

杉並区賃貸住宅 [2世帯+共同住宅]

弊社で設計を手掛けた杉並区の賃貸集合住宅のお部屋は
残りあとわずかです。

ただいま
R不動産で紹介されています

35985591_1861560083895524_1276874733215809536_n.jpg

どのお部屋からも、オーナーが大切に手入れされている中庭の緑が楽しめます。

2階の部屋はまるで一軒家のように
天窓からの光に包まれてふわりと明るい空間です。

各部屋それぞれに個性があります。
杉並区で賃貸の部屋をお探しの方は
ぜひご覧になってください。


*2018.11.26追記***********
こちらのお部屋は全て満室となりました。

nice!(0) 

舞台デザイン パリ「マハーバーラタ」 [舞台空間デザイン]

木津潤平が空間構成デザインを手がけた
演劇「マハーバーラタ ナラ王の冒険」
11月 パリ ラヴィレット で公演します。
2018年11月19日ー25日まで
(22日休演)
演出 宮城聰  台本 久保田梓美
2014年フランス アヴィニヨン演劇祭公式招待作品として
ブルボン石切り場で上演され絶賛された「マハーバーラタ」(SPAC)が
パリで再演します
高橋佳代さんの衣装、棚川寛子さんの音楽とともに
俳優さん達の素晴らしいパフォーマンスを
木津潤平のデザインするLandscape Theaterにてお楽しみいただけます

*公演会場
La Villette
La Grande Halle de la Villette
211, avenue Jean Jaurès – 75935 Paris Cedex 19, France
https://lavillette.com/
https://lavillette.com/evenement/satoshi-miyagi/


Junpei KIZ 木津 潤平 (Kizu Junpei) designed
Landscape Theater for
"Mahabharata" which will perform
in Paris in La Villette in November.
From November 19th to 25th 2018
(Daytime off day 22)
Director Miyagi Satoshi
Screenplay Kubota Azumi
Scenography Kiz Junpei
As the official invitation work of the Avignon Theater Festival in France 2014
"Mahabharata" (SPAC) which was performed at Bourbon quarry
will come to Paris!
Enjoy Kayo Takahashi's costume,
Hiroko Tanakawa's music, and the wonderful performances of the actors in Landscape Theater designed by Junpei KIZ.
nice!(0) 
前の15件 | -