So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン
舞台空間デザイン ブログトップ
前の10件 | -

ランドスケープシアター 12月6日レクチャー [舞台空間デザイン]

12月6日 レクチャー「ランドスケープシアター」のお知らせ

第3回「ライブ&シアターエキスポ(THEATEX)」(東京ビックサイト)にて
最近の舞台デザインや京都小劇場リノベーションプロジェクトTheater E9 Kyotoについて
木津潤平がお話しさせていただくことになりました。
ぜひお待ちしています!

12月6日(木)12:30-13:30
東京ビックサイト 西ホール E6会場
入場無料 事前予約必要

セミナー概要.jpg

*お申し込みはこちらのサイトから
日にちとキーワードに「ランドスケープ」と入れていただくと、検索できます
http://leisure-japan.jp/seminar/



主催:TSOインターナショナル
共催:一般社団法人日本劇場技術者連盟 
E-mail: renmei-honbu@teec-or.jp

nice!(0) 

パリ マハーバーラタ初日 [舞台空間デザイン]

「マハーバーラタ」パリ La Villette (ラ・ヴィレット)公演
(演出 宮城聰 脚本 久保田梓美)
無事に初日が開きました。

 空間構成を担当しています。


おかけさまで、全公演、既にソールドアウトだそうです。

超満員のお客様。誰一人として席を立たす、最後はトリプルコールのスタンディングオベーションでした。
ロビーに出てくる一人一人のお客様がとてもいい顔をされていて、こちらの目を見て「ありがとう!」と言って下さる事がとても嬉しいです。

maha看板.jpg

一足早く冬が来たようで
小雪もちらついています



nice!(0) 
共通テーマ:演劇

舞台デザイン パリ「マハーバーラタ」 [舞台空間デザイン]

木津潤平が空間構成デザインを手がけた
演劇「マハーバーラタ ナラ王の冒険」
11月 パリ ラヴィレット で公演します。
2018年11月19日ー25日まで
(22日休演)
演出 宮城聰  台本 久保田梓美
2014年フランス アヴィニヨン演劇祭公式招待作品として
ブルボン石切り場で上演され絶賛された「マハーバーラタ」(SPAC)が
パリで再演します
高橋佳代さんの衣装、棚川寛子さんの音楽とともに
俳優さん達の素晴らしいパフォーマンスを
木津潤平のデザインするLandscape Theaterにてお楽しみいただけます

*公演会場
La Villette
La Grande Halle de la Villette
211, avenue Jean Jaurès – 75935 Paris Cedex 19, France
https://lavillette.com/
https://lavillette.com/evenement/satoshi-miyagi/


Junpei KIZ 木津 潤平 (Kizu Junpei) designed
Landscape Theater for
"Mahabharata" which will perform
in Paris in La Villette in November.
From November 19th to 25th 2018
(Daytime off day 22)
Director Miyagi Satoshi
Screenplay Kubota Azumi
Scenography Kiz Junpei
As the official invitation work of the Avignon Theater Festival in France 2014
"Mahabharata" (SPAC) which was performed at Bourbon quarry
will come to Paris!
Enjoy Kayo Takahashi's costume,
Hiroko Tanakawa's music, and the wonderful performances of the actors in Landscape Theater designed by Junpei KIZ.
nice!(0) 

演劇「華氏451度」舞台美術 [舞台空間デザイン]

木津潤平が舞台美術を手がける
演劇の舞台「華氏451度」の
舞台写真が公開されています

http://www.kaat.jp/d/kashi451


横浜KAATにて公演中
10月14日まで

続いて、
高校まで過ごした愛知県で公演

10月27日28日は
穂の国 とよはし芸術劇場
https://www.toyohashi-at.jp/event/performance.php?id=519

11月3日(土)~4日(日は
兵庫県立芸術文化センター


ぜひこの機会に
劇場へ足を運んでください



nice!(1) 
共通テーマ:演劇

パリMCJP講演会終わりました [舞台空間デザイン]

9月15日 パリ MCJP(日仏会館)での講演会
"Landscape Theater"
(木津潤平)
無事終わりました

早々に予約満席となり
たくさんの方にご来場いただきまして
ありがとうございました

41784417_1864026743687447_8877212889866305536_n.jpg

41811659_1864027253687396_7328519649400717312_n.jpg

写真家 新良太さん フランスでの舞台撮影
と写真のご提供をいただいて
ありがとうございました

41787134_1864027243687397_114915225848774656_n.jpg

今回の講演会にあたってお世話になりました
MCJPのみなさま
SPAC成島さん 宮城さん 横山さん
通訳のルモンデ都さん
マットさん
事務所の石黒さん
友人 片山さん 高橋さん
舞台デザイン案を実現するためにいつも助けてくださる堀内真人さん
ほかにもたくさんの方々にお世話になりました
ありがとうございます

建築も演劇も
一人では決してできないもの
講演会の準備で これまでの仕事を振り返り
改めて
チームで作り上げていっていることへの
感謝と喜びを感じています
これからもこれまでのチームの皆様はもちろん
またたくさんの新しい出会いの中で
一緒に作り続けていきたいです

On September 15
Thank you for your joining and cooperation in the lecture
" Landscape Theater"
by Junpei Kiz
at MCJP!

Thanks to
Photographer Ryota Atarashi
Production staff of MCJP
Director of arts department of SPAC Yoko Narushima
Director Satoshi Miyagi
Moderators Yoshiji Yokowama
Interpreter Miyako Lumonde
Trancelator Matt Tryward
slide creation Moeko Ishigurm
Architecture Keijin Katayama, Akiko Takahashi
Stage technical Director Mahito Horiuchi

Both architecture and theater
It is something I can never do by oneself.
In preparation for the lecture meeting, I looked back on my past work and again
To the things that teams are building up
I feel gratitude and joy.
From now on, I would like to continue to cooperate with everyone in the team together, and of all the people I met in many encounters.

#Landscape #Theater #scenograqhy
#Junpeikiz #Kizarchitects #Stagedesign


nice!(0) 
共通テーマ:演劇

マハーバーラタ戦記CS放送 [舞台空間デザイン]

昨年10月歌舞伎座
歌舞伎「極付印度伝 マハーバーラタ戦記」(空間構成 木津潤平)が
10月にCS衛星劇場で放映予定だそうです

序幕  2日16:00-, 19日16:00-
2幕目 3日16:00-, 25日16:00-
大詰  4日16:00-, 31日16:00-
通し  8日16:00-

菊之助さん 七之助さん達の熱演、
素晴らしい衣裳 音楽
見どころたっぷりです。

写真は本番前の舞台写真です。

DSC_2383web.jpg

空間構成もぜひご覧いただきたいです。
CS放送が見られるかたは、どうぞお楽しみください。

nice!(0) 
共通テーマ:演劇

パリ日本文化会館での講演会のお知らせ [舞台空間デザイン]

9月15日 パリ日本文化会館(で
”Landscape Theater"
と題する舞台デザインについての講演を行います。

DSC_1871のコピー.jpg

デザイン 木津潤平
写真 新良太

フランス アヴィニヨンでの演劇公演
「マハーバーラタ ナラ王の冒険(2014)」
「アンティゴネ(2017)」(いずれも宮城聰演出)を中心に
建築家 木津潤平が考える演劇空間 ”Landscape Theater"について 模型写真やアイデアスケッチ、空間演出コンセプトなどを紹介し、創作の秘密に迫ります。

後半は
演出家 宮城聰氏 と 木津潤平の対談形式です

この講演を聞くと
11月パリ ラヴィレットでの
宮城聰演出 演劇「マハーバーラタ ナラ王の冒険」を
何倍も楽しめるようになるはずです

講演会は入場無料 事前予約制(30日前から、MCJPにて)

パリにいらっしゃる皆様、
9月15日はMCJPへお越しください!


この講演は、昨年9月、日仏演劇協会の主催で行われたレクチャーがきっかけとなっています。
きっかけを作って頂いた同協会の片山先生、堀切先生、会場を提供して頂いたアンスティテュ・フランセの皆様には改めて御礼申し上げます。

そして、舞台デザインができるのは、関係されるたくさんの皆様のおかげです。
いつもありがたいことだと感じていますが、ここに、SPACフランス公演に関わる皆さんに、改めて感謝します。
演出家の宮城さん、一緒に舞台を作ってくれている堀内さんと村松さんや日仏舞台スタッフの皆さん、照明の大迫さん、音楽監督の棚川さん、衣装の高橋さん、一緒に公演を作り上げたすべてのキャスト&スタッフの皆さん、講演会でお世話になる成島さん他制作スタッフの皆さん、数え切れないほどたくさんの方々にお世話になっています。ありがとうございます。

アヴィニヨンへ一緒に行き、素晴らしい写真を撮影していただいた写真家の新良太さん、日本でもフランスでも、いつもありがとうございます! 
講演会では建築写真家 新さんの写真が撮影してくださった舞台写真の数々をお見せします。

最後に、島村くん、水田さん、太郎田さん、他にも、模型を作ってくれた事務所スタッフのみんな、ありがとう!

https://www.mcjp.fr/fr/la-mcjp/actualites/landscape-theatre
nice!(0) 
共通テーマ:アート

オペラ「ルサルカ」芸術祭賞受賞! [舞台空間デザイン]

嬉しいニュースが届きました。

空間構成を担当したオペラ「ルサルカ」が
平成29年度文化庁芸術祭賞 優秀賞(音楽部門)を受賞!

23435222_1594631467253406_8734482110132861346_n.jpg
(撮影 新良太)

日生劇場の方々の意欲作であり
何より山田マエストロとオーケストラ、
そしてオペラ歌手の皆様の素晴らしい音楽が受賞の理由ですが
「空間を活かした演出」と受賞理由にあり
演出家の宮城聰さんより空間づくりを一から任されていた木津は
スタッフとともに喜びました

30年前、東大駒場小劇場で舞台美術を始めた学生の頃から
村野藤吾さん設計の日生劇場の空間に憧れていました。

もともと海をイメージした日生劇場の壁。
ここで人魚姫のオペラをやる。
それならと、さらに舞台上にも壁からの連がりを伸ばし
お客様が海の中にオーケストラも一緒に包まれているようなデザインに
すぐに決めました

照明は、有名な照明デザイナーの沢田祐二さん。
「月光の場面では、月の光そのものを表現するのではなく、人魚姫ルサルカから見た月明かりに照らされる湖面のきらめきを舞台に表現してほしい」
などの細かな視覚的要望にも快く応えていただき、感謝しています。

オーケストラの弦が動く様子をさざなみに例えて
視覚的にも演出に取りいれたアイデアなど
オペラを知り尽くした日生劇場の方々にも気に入っていただき
空間に関するアイデアの実現に向けて
一緒に作り上げる時間はとても創造的な前向きな空気に満ちていました。

プランを面白がってくださった日生劇場の皆様や演出家宮城さん
一緒に舞台美術を作り上げてくださった劇場スタッフの皆様
照明家の沢田祐二さんとオフィスのスタッフの皆様
全ての衣装をデザインされた高橋佳代さん
山田マエストロ、オペラ歌手やご出演、全てのスタッフの皆様とともに
素晴らしいお仕事をさせていただいたんだなあと
改めて感謝いたします

またぜひ再演してたくさんの方々に
日生劇場オペラ「ルサルカ」を味わっていただきたいです
nice!(1) 

オペラ「ルサルカ」 千秋楽 [舞台空間デザイン]

日生劇場でのオペラ『ルサルカ』が、
無事に千秋楽を終えました。
ご来場頂いた皆様、本当にありがとうございました。

23435222_1594631467253406_8734482110132861346_n.jpg

この写真は有名な「月に寄せるアリア」が唄われる一幕の冒頭シーンです。
水面から差し込む月の光を、ルサルカの視線を共有する様に、客席から見上げる。
一年前に書き起こしたスケッチがそのまま形になりました。
実現するためにサポートしてくださった皆様に心より感謝いたします。

オペラ『ルサルカ』
1月27日(土)静岡公演があります。
指揮者の山田和樹さん始め、素晴らしいメンバーでの公演は
オペラが初めての方にもお楽しみいただけます。
お近くの方はぜひご覧ください。
nice!(1) 
共通テーマ:アート

日生舞台フォーラム 舞台空間構成 [舞台空間デザイン]

11月8日。
オペラ「ルサルカ」の公演にさきがけ
日生劇場にて、日生舞台フォーラム2017 があり
パネリストの一人として
今回「ルサルカ」の舞台空間デザインについてお話してきました。

今回は過去最多の400人以上お客様がいらっしゃったそうです。
10月歌舞伎「マハーバーラタ戦記」を見て
同じスタッフ陣だから
ということで来てくださった学生さんたちもいらして
嬉しい限りです。

舞台上に登ったお客様は、
みなさんまず最初に客席の写真を撮っていらっしゃいました。
舞台上からみるこの劇場の客席は、
普段客席から観るのとも違い、特別な美しさをたたえています。
戦後の日本建築空間の中でもこの空間の美しさは別格にして絶後と言えるでしょう。
村野先生のデザイン力も勿論の事、この空間を実現した施工者の情熱が、彫刻のように刻み込まれ、時を超えて訴えかけてきます。

学生の頃から憧れて憧れて、憧れ尽くしたこの空間で
舞台デザインをさせて頂く事ができて本当に幸せです。
nice!(1) 
前の10件 | - 舞台空間デザイン ブログトップ